スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨川を眺めたくなったら 

ふいに 鴨川を眺めたくなった 
梅雨の中休みで 朝から天気がよかったから?

いつもなら 荒神橋あたりの河川敷きのベンチに行くんだろう 
そして 近くの河原町通にある「ボンボランテ」の 
歯応えがかなりハードな でも美味しいパンでも むさぼりながら 
河原の飛び石を 声を上げながら 跳んでくる子どもたちを
ボーッと眺めたりするんだろうな いつもなら

でも今日は 趣向をかえて 木屋町あたりの・・・
でも川床の店は 高くつくからアカンし 気軽にお茶だけしたいな
五条下ルの「efish」も思いついたが 違う違う 新しい店がいい



木屋町通を四条から南下して歩く この辺りは有名高級店が目白押しで
白いスープが有名な鳥すきの「鳥弥三」や京料理の「たん熊」などの
長い年月を感じさせる 重厚な佇まいの店が並んでいる

まだ午前の早い時間 ちょうどそんな老舗たちの勝手口から
白い調理服姿の料理人が 慌ただしく出入りしたり
食材業者の威勢のいい声が響いてたりする 木屋町通

夜の本来的なこの通りとは異なる 凛とした清々しい空気が
立ち込めている気がして 歩いていてきわめて心地よい



そんな歩き心地のよさを かみしめつつ松原通に差しかかる
ここには かの有名な老舗旅館である「田鶴」と「鮒鶴」が鎮座している
もっとも それぞれすでに旅館という存在以外の展開もしているようだが



お目当ては そのごく近くにあった その名は「KAWA CAFE」

2012_0607_121524-DSCF0558_convert_20120622011935.jpg 2012_0607_113427-DSCF0557_convert_20120622011905.jpg

木屋町通沿いの 小さな看板とイーゼルを見逃す可能性は大
四条通から来たら 松原通より手前 田鶴の北隣なのでご注意

この町屋 元は「おばんざい和」という 夏季には床も出す居酒屋さんで
気さくなお母さんが美味しいお惣菜を たくさん用意していてくれてた
私も数回利用させてもらってたが いつのまにか閉店していたのである

おばんざい和時代の淡い記憶をたどりながら KAWA CAFEへの路地を
こわごわ滑り込んでいったら フレンドリーな物腰のギャルソンが
気持ちよく出迎えてくれたのだった



この界隈で朝10時から開いている店も珍しいし カフェ自体もまたしかり
しかも狭そうではあるが 床もあるのだ これは使い勝手がいいのかも
(ただし 昼床は5・9月のみ)

午前中の清々しい空気を吸いながら ブランチをいただくなんて
何て贅沢なんだろう! 
写真にはないが バゲットの上に 刻んだトマトやらレタスやらを 
ドレッシングとともに乗せた「タルティーヌ」をいただく 
そしてコーヒー

鴨川の煌めく川面  河川敷きを往来する人々 川端通をせわしなく
行き来する車たち 対岸の宮川町の街並 東山の峰々
広く開け放たれた窓から 見渡せるそれらを 思考を停止したまま
ひたすら眺めていた 本当に贅沢なひとときだった

2012_0607_121830-DSCF0559_convert_20120622011958.jpg


KAWA CAFE

京都市下京区木屋町通松原上ル美濃屋町176-1
075-341-0115
不定休 10:00-23:00

KAWA CAFEのHP

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xantia.blog118.fc2.com/tb.php/77-2dc33c0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。