FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初風呂は「日の出湯」へ~京の銭湯巡り(第3弾) 

2009年の初風呂(銭湯の)は、その名も縁起がよろしい日の出湯」さんです。

日の出湯さんは、以前紹介した銭湯好きの「Fさん」が教えてくれはった
東寺さん近くの銭湯です。Fさんいわく、やはり銭湯達人の友人が、
「ここは最高!」と太鼓判を押してくれたとか!?
その言葉を信じ、年末にお伺いして、P-のりも感動した次第です。
とっても気に入ったので、年始の朝風呂に入るのはココだと決めました。

通常は夕方からしか営業していない銭湯も、正月2日や3日は、
朝風呂を開いているところがけっこうあります。お正月の醍醐味?

DVC00263_M★ DVC00264_M★

東寺さんの東門(大宮通に面す)からまっすぐのびる「東寺通」を
東に200㍍くらい。南側に温泉マークの看板が見える路地を南へ。

すると、路地の奥に見えてくる湯屋が大きいので驚かされます。

↑の映像をご覧いただければ、昭和3年築の建物が文化財級の
ものだとお分かりいただけるでしょうか?京の町屋銭湯は決まって、
1Fが脱衣所で2Fが経営者のお住いになっているんです。
↑左の写真、欄干のある窓が2Fです。1Fの天井が通常の住宅より
かなり高くとってあるのが分かりますね。

何故か京都の銭湯の近くには結構な確率で散髪屋さんがあるんですよ!

Dsc09206★ Dsc09210★
見上げると大きな格天井!吊り天井式なのだそう
「明日もあります」の回転式!?営業案内は、京都ならでは
 
Dsc09207★ Dsc09215★
脱衣ロッカーが50個もあるのは、日の出湯さんだけ!普通はこの半分かな?
とにかく開放感満点の脱衣スペース。ロッカーの金具が歴史を感じさせる。
それと、ゴツゴツした「ダイヤガラス」は大変貴重な一品だそうだ。大切に使おう!

Dsc09208★ DVC00257_M★
浴室へ渡るスペースにある「流し台」が真中にあるのは珍しい。
堂々とした金文字でかかれた「男湯」の看板がすばらしい。
浴室への渡りの横が本格的な「坪庭」なっているのですが、
屋根から水が常時滴る仕組みになっているのが、面白いです!

肝心の浴室もかなり広いゆったりとした構造になっていて
ゆっくり寛ぐことができました。お湯は地下水の汲み上げ
掛け流しらしく、たっぷりとしたお湯が湯船から溢れていきます。
(例によって浴室の映像はムリでした。悪しからず。)

熱い湯船と水風呂を交互に入ると肌が引き締められて、入浴後に
スベスベになること請け合い!爽快感も抜群です。
また、日の出湯さんの「サウナ」はスチーム式で、これがまた
気持ちよいのです。

京都の「地下水」が、肌にとっても良いのではないかと思えます。
P-のりは肌が弱く、冬などはカサついて荒れ荒れになってばかり
だったのですが、銭湯によく行くようになった今年の冬はずっと
潤いを保ちつづけてますよ!女性の皆様ぜひ銭湯へお越しやす!

DVC00245_M★
夜の東寺通は暗くて分かりにくいのですが、
↑この看板を目当てに歩けば、大丈夫?

日の出湯 (ひのでゆ)
日の出湯さんのHPは⇒こちら
木休 16:00-23:00
所在地:京都市南区西九条唐橋町26-6
℡:075-691-1464



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xantia.blog118.fc2.com/tb.php/67-078c24a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。