FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉三昧の一日~真如堂から黒谷さんへ 

紅い紅葉を眺めると心が踊ってしまう。
そんな気持ちになったのは、いつの頃からだろう。
若いときは、感じられなかった感情でもある。

京都市内は、山沿いを中心に自生でも庭木でも
モミジ・カエデが多いことに気づかされる。この季節ならではだ。

我が家の周辺も紅葉が紅々と青空に映えている景色を
見ることは多い。我が家にも小さいながらイロハモミジが
植えてあり、この時期には陽光を受け紅く燃えている。

でも、やっぱりあそこの紅葉を見たくなるのは、毎年のことだ。
それは、「真如堂」。かつては、紅葉景色の大御所「永観堂」や
「東福寺」などに比べれば、訪れる人は少なかったのに、最近は
観光ガイドに取り上げられるのか、あの不便で分かりにくい場所に
団体さえも来られるようにもなった。もともと狭くて行き止まりが
多い道にタクシーがわんさか入ってくるので、真如堂の門前は
騒然とした雰囲気だった。

P-のりの好みのルートは、吉田山を京大キャンパス側から抜けて
(時間があれば、吉田山の散策もオードブルの如く楽しんだりする)
吉田神社の「大元宮」や「宗忠神社」を巡ってから、宗忠社の参道を
降りていく。この参道が一直線に真如堂の門につながっている。
DVC00096_M.jpg DVC00097_M_20081207230650.jpg
宗忠神社から見た真如堂。参道の果てに真如堂門が見える。

真如堂は、本来「真正極楽寺」と呼ばれる天台宗寺院だ。
朱塗りの総門を進むと、両側にりっぱなモミジが並ぶなだらかな
階段を進むと真正面に本堂、右手に三重塔がそびえる。
絵になるのは、この三重塔と紅葉のコラボレーションだ。
DVC00099_M★ DVC00100_M★
DVC00101_M★ DVC00102_M★
ただし、この日は三重塔周辺のモミジは散りかけであった。
本堂裏手のモミジは、青々としてこれからという状況。

その本堂裏手から細い道つたいに墓地が広がるなかを進んでいくと
いつのまにかお隣の寺の境内に入り込んでいる。このルートを
好んでよく通う。

お隣の寺とは、浄土宗の大寺院で通称「黒谷さん」と呼ばれる
「金戒光明寺」である。法然上人が比叡山から降りて来られ
初めて草庵をむすんで浄土宗の教えをひろめた場所という。

また、幕末に新撰組と会津藩が本陣を敷いた場所としても有名。
広大な墓地の北東の片隅に、禁門の変などで殉職した会津志士たちが
静かに眠る墓地がある。ここ通るたび、時代の悲哀を感じずにはいられない。

その会津藩殉難志士墓地にも程近く、広大な墓地や金戒光明寺の山門、
そして京都の街並を見下ろす丘に立っているのが、「文殊塔」である。
この文殊塔横に陽光に紅々と照らされている大きな一樹がある。
このモミジを毎年見にやってくるのだ。
DVC00106_M.jpg
↑文殊塔横のモミジ。携帯写真なので発色がイマイチ。



帰り途、宗忠神社横の「吉田山荘」で一休み。
DVC00115_M★
堂々とした正門。「潜入」するのが躊躇われるくらいだ。

吉田山荘は、昭和天皇の義弟「東伏見宮」家の別邸として
昭和初期に建てられたものを、後に料理旅館ととして利用しているもの。

以前は、山荘2階の一室でお茶を楽しめたのだが、最近から
山荘横の蔵を改装し、「真古館」と名付けて、喫茶はこちらでのみ
利用可能としているようだ。
DVC00113_M★ DVC00112_M★
DVC00111_M★
真古館の2階からの眺め。北窓からは比叡山が、
東窓からは大文字山が見える。絶好のビューポイントである。

特筆は、お茶とともに女将「中村京古」さん直筆の書が供される。
ため息モノ(感嘆の意)のサービスである。
この日の書は、在原業平の歌であった。
「ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」
この季節らしい歌ですね?

吉田山荘(真古館)のHPは、こちら

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xantia.blog118.fc2.com/tb.php/57-26dcab99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。