スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路地裏のハッピーエンド 

久しぶりに次男と街へ出かけた午後。
次々と繰り出される「おねだり攻撃」をかわしつつ(^ ^;
歩いてきた河原町通。 行き先は決まっていた。

京都ネイティヴで、私が多大な影響を受けている
「ぽんさん」から日記を通じて教えていただいた(TBあり)、
その名も、 「ELEPHANT FACTORY COFFEE」
(店名の由来は、村上春樹氏の小説のタイトル
「象工場のハッピーエンド」からなのだそうだ)

ぽんさんのチョイスは、本当に信じられないくらい
私の趣向にフィットするので、絶大な信頼をおいている。
だから、否応無しに期待が高まってしまうのだった。

蛸薬師通河原町東入ル、一筋目下ル???
気付かずに通り過ぎてしまっても、不思議ではないくらい狭い路地。
派手な看板の焼肉店とマッサージ屋さんのスキマ。
080706_150640.jpg

そのスキマとしか言い様のない路地に心細さを抑えつつも、
滑り込んでいく。

いつのまにか、河原町通界隈の喧騒が嘘のように遠のく。
まるで、別世界に紛れ込んでしまったかのように、
そこだけがひっそりと静まり返っている空間。
そして時間に取り残されたようにひっそりと存在する建物の
2Fに続く階段。「象さん」のイラストの小さな看板とプレートで
辛うじて、ここが「その店」であることが判った。

080706_150449.jpg

080706_141136.jpg

入口からは、店内の様子がうかがいい知れないため、
本当に営業してはるんだろうか?と不安を隠せないまま、
素朴な木製の扉を開けると、古びたシェードランプに
ぼんやり照らされた、ほの暗い空間が展開していた。

エントランスから一番奥、窓際の4人席に座る。
通路反対側は、長いカウンターが伸びていて、
すでに何人かの先客が、思い思いのスタイルで時間を過ごしてた。

080706_143355.jpg

080706_145556.jpg

出窓からは、お向いの樹木達が借景になっている。
そのお蔭で、ここが有数の繁華街であることを忘れてしまう。

オーディオからは、ボサノヴァのようなラテンのようなリズムが
ゆるゆると適度な音量で流れてくる。

080706_142619.jpg

080706_150034.jpg



あゝ、ここは居心地が良過ぎるかも知れない。
オーダーさえも、気にならなくなってしまう。(^ ^;

もちろん、マスターが拘りぬいて選んだ、北海道美幌町の
「豆灯」を挽いた珈琲は、格別に美味しいのだけれど、
私の思考は、すでに停止状態だった。それくらい
リラックス、いや恍惚とできてしまう空間だった。

080706_142724.jpg

ふと、次男に話しかけられ我に帰って、ハタと思い出したのは、
10数年前に山口県岩国市(米軍キャンプで有名な)の麻里布と
呼ばれる街に在って通いつめた珈琲店だった。

もう忘れかけていたのに、記憶の糸に引っ張られるように、
次々と微かな映像の断片が、頭の中を飛び交う。

初老のマスターがひとりで営んでいた、カウンターにコーヒーだけの店。
その名も「六曜社」!?。(京都の六曜社の存在は未だ知らなかった)
当時すでに珍しかったレコードプレイヤーに針を落として聴かせてくれた
古いジャズ。

歳のせいか、震えが止まらない手でマスターが丁寧に煎れてくれた
珈琲が、多少なりとも若かった私には、苦くて味わい深かった。

思えばあのときから私の喫茶嗜好が始まったような気がする。
その原点とも言えるような雰囲気をもった店に再び?巡りあうことができた。

結局、相当に長い時間をゆったりとしてしまったが、まるで居疲れない。
残念ながら予定もあったので、無理やりイスから腰を引き剥がすことにした。

帰り際、マスター(畑さんと言う方)に、率直に居心地が良かったことや
窓からの借景がすばらしいこと、もちろん珈琲が美味しかったことも伝えると
満面の笑みでよろこんでいただいた。

マスターに見送られながら、元来た路地を蛸薬師通に向かう。



ふと・・・そう言えば、今日の次男坊は、大人しかった。
そう言えば、家に居るときとは違う、大人びた態度も見受けられたか?
少しは社会性を学び、社交の場をわきまえる程、成長したのだろうか?
それとも、単に居心地がよかっただけなのか?

屈託なく笑いながら、手をつないで河原町通を歩く。
あと何年、親父に付き合ってくれるんだろうか?

そして、また「おねだり攻撃」が始まった。勘弁してよと言いつつ、
嬉しいような、寂しいような、複雑?な親父心を引きずりながら、
日曜の午後の人ゴミに紛れていった。


ELEPHANT FACTORY COFFEE
(エレファントファクトリーコーヒー)

【所在地】 京都市中京区蛸薬師通河原町東入ル(備前島町309-4 HKビル2F)
【TEL】 075-212-1808
【OPEN】 13:00~21:00
【定休日】 木曜日

スポンサーサイト

コメント

こんにちは

初めて書き込みます。よく見に来てます。これからも遊びにきます!

こんにちは!!

ハナさん、こんにちは。

ようお越しになりました。ようこそ!(嬉!!!)

エレファント・ファクトリー・コーヒーは、行かれましたか?

京都にお越しの際は、ぜひお立ちより下さい。
京都にお住まいの方でしたら、ぜひぜひすぐにでも行ってみて下さいね(笑)。

また、気軽に見に来て下さい!

はじめまして

はじめまして、よく拝見しております。これからも遊びにきます!

はじめまして!

山下さん、こんばんは。

ようお越しいただけました。

エレファントファクトリーコーヒー、いかがですか?

P-のりは、本日の午後も行ってまいりました。
やはり、ゆったりとした時間が流れていて、至福のときを過ごすことができました。

山下さんもまだでしたら、ぜひ。

またお越し下さいね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://xantia.blog118.fc2.com/tb.php/27-c71781e8

-

管理人の承認後に表示されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。