FC2ブログ

初風呂は「日の出湯」へ~京の銭湯巡り(第3弾) 

2009年の初風呂(銭湯の)は、その名も縁起がよろしい日の出湯」さんです。

日の出湯さんは、以前紹介した銭湯好きの「Fさん」が教えてくれはった
東寺さん近くの銭湯です。Fさんいわく、やはり銭湯達人の友人が、
「ここは最高!」と太鼓判を押してくれたとか!?
その言葉を信じ、年末にお伺いして、P-のりも感動した次第です。
とっても気に入ったので、年始の朝風呂に入るのはココだと決めました。

通常は夕方からしか営業していない銭湯も、正月2日や3日は、
朝風呂を開いているところがけっこうあります。お正月の醍醐味?

DVC00263_M★ DVC00264_M★

東寺さんの東門(大宮通に面す)からまっすぐのびる「東寺通」を
東に200㍍くらい。南側に温泉マークの看板が見える路地を南へ。

すると、路地の奥に見えてくる湯屋が大きいので驚かされます。

↑の映像をご覧いただければ、昭和3年築の建物が文化財級の
ものだとお分かりいただけるでしょうか?京の町屋銭湯は決まって、
1Fが脱衣所で2Fが経営者のお住いになっているんです。
↑左の写真、欄干のある窓が2Fです。1Fの天井が通常の住宅より
かなり高くとってあるのが分かりますね。

何故か京都の銭湯の近くには結構な確率で散髪屋さんがあるんですよ!

Dsc09206★ Dsc09210★
見上げると大きな格天井!吊り天井式なのだそう
「明日もあります」の回転式!?営業案内は、京都ならでは
 
Dsc09207★ Dsc09215★
脱衣ロッカーが50個もあるのは、日の出湯さんだけ!普通はこの半分かな?
とにかく開放感満点の脱衣スペース。ロッカーの金具が歴史を感じさせる。
それと、ゴツゴツした「ダイヤガラス」は大変貴重な一品だそうだ。大切に使おう!

Dsc09208★ DVC00257_M★
浴室へ渡るスペースにある「流し台」が真中にあるのは珍しい。
堂々とした金文字でかかれた「男湯」の看板がすばらしい。
浴室への渡りの横が本格的な「坪庭」なっているのですが、
屋根から水が常時滴る仕組みになっているのが、面白いです!

肝心の浴室もかなり広いゆったりとした構造になっていて
ゆっくり寛ぐことができました。お湯は地下水の汲み上げ
掛け流しらしく、たっぷりとしたお湯が湯船から溢れていきます。
(例によって浴室の映像はムリでした。悪しからず。)

熱い湯船と水風呂を交互に入ると肌が引き締められて、入浴後に
スベスベになること請け合い!爽快感も抜群です。
また、日の出湯さんの「サウナ」はスチーム式で、これがまた
気持ちよいのです。

京都の「地下水」が、肌にとっても良いのではないかと思えます。
P-のりは肌が弱く、冬などはカサついて荒れ荒れになってばかり
だったのですが、銭湯によく行くようになった今年の冬はずっと
潤いを保ちつづけてますよ!女性の皆様ぜひ銭湯へお越しやす!

DVC00245_M★
夜の東寺通は暗くて分かりにくいのですが、
↑この看板を目当てに歩けば、大丈夫?

日の出湯 (ひのでゆ)
日の出湯さんのHPは⇒こちら
木休 16:00-23:00
所在地:京都市南区西九条唐橋町26-6
℡:075-691-1464



スポンサーサイト



東京一人旅(その1) 

去年の話になってしまいますが、年末に仕事で東京へ行ってきました。

仕事を終えた週末に、せっかくなので東京探訪(ただし喫茶カフェ中心)を
してまいりましたので、ご報告を。

まずは、前々から伺ってみたかった三軒茶屋の「tocoro cafe」。
知り得たのは、川口葉子さんの「カフェとうつわの旅」という本
前にお話した「ELEPHANT FACTORY」さんで見つけたその本には、
P-のり好みのカフェや喫茶がいっぱい詰まっていました。
以来、チャンスを見つけては、この本記載の店に足を運んでいます。

tocoro cafeへは、東急田園都市線三軒茶屋駅を降ります。
駅を出ると、頭上に首都高が走る国道246号の激しいクルマの流れ。
それを横目に見て西へ数10㍍。右手に郵便局がある交差点を左折します。
明薬通り(多分明治薬科大通りの略?)と呼ぶ道を南へ。
国道246号(厚木街道)をちょっと入ると、途端に静かな住宅街になり、
世田谷区らしい閑静な雰囲気に包まれるます。さらに数100㍍歩くと
コンビニのサンクスがある「世田谷観音」交差店に差しかかるんですが、
その交差点の手前、民家のような建物の1Fあるにガラス張りドアが
目指す「tocoro cafe」です。

説明が長くて恐縮ですが、何せ分かりにくい場所なので・・・

DVC00021_M.jpg
tocoro cafeの外観
画像が悪くてごめんなさい

ガラスのドアを引いて入店すると、ほの暗い店内は、「カフェ」という
言葉のイメージとはかけ離れた良い意味で簡素なものでした。

DVC00212_M_20090104210741.jpg

カフェというより茶室と呼んだ方がしっくりくる、ナチュラル・ウッドの
素材で何もかも設えてある店内。数奇屋風とでも言ったらよいのかも。
ふと思い出したのは、京都ではかつて姉小路寺町西入ルに在った
酒陶柳野」さん。バーであり、昼間はカフェをされていたあの空間の
イメージにそっくりです。もっとも柳野さんは今では三条通新町東入ルに
移転されてお店のイメージも変わってしまいましたが。
ご存知ない方には失礼しました。

カウンターの上には線香花火の火球のようなユーモラスな形のランプ。
それと、カウンター越しに「茶釜」が鎮座していました。

見れば見るほど、カフェというより茶室。メニューに日本茶もありますが、
「オチョコ」というエスプレッソと、「トコラテ」というカフェラテなど、
珈琲がメインのようです。

DVC00211_M_20090104210731.jpg

「オチョコ」とその日のケーキをオーダーしました。
ケーキの名前は、残念ながら失念してしまいました。

後で失敗したなと思ったのは、川口さんの記事によると、
「トコラテ」なら、目の前の茶釜から湯を汲みお点前のような所作で
一杯づつ点ててくれるのだったそうです。
でも、オチョコもさすがに美味しく、お代わりも頂いてしまいました。

とっても気持ちの良い、満ち足りた濃密な時間が過ぎてゆきました。

ところで、入口横の棚にいくつかの品が並べてあったのです。
多分買い求められる品なんでしょう。その中に「加賀棒茶」があったので、
なかなか珍しくて手に入りにくいですね、とオーナーに話しかけると、
彼がわざわざ石川から取り寄せていることを教えてくれ、その話しで
結構盛りあがりました。聞くと加賀棒茶を紹介してくれたのが、
tocoro cafeさんが使用している「うつわ」の作家さんらしいのです。

さっきからオチョコをいただいていて、そのうつわの手触りやぬくもりに
いいなぁと思っていたP-のりでしたので、すかさず作家さんの名前を
お聞きしますと、「岡田直人」さんという石川県在住の方だそうです。
後で、彼の略歴を拝見して驚いたのが、嵯峨美大を卒業されていること。
かつて京都に居てはったのですね!ちょっと嬉しいのが事実です。

もうひとつ意外だったのが、tocoro cafeオーナーと岡田氏を
引き合わせたのが、長浜市の「季の雲」というカフェ&ギャラリー。
P-のりもよく足を運ぶ店だったのですが、
私は岡田さんの作品に気づきませんでした。所詮凡人か…(苦笑)

気持ち良い空間で、素晴らしいうつわで、美味しいモノを頂ける。
決して誇張なしで、生きていてよかったと思える時間でした。

tocoro cafe (トコロカフェ)
お店のHPは⇒こちら
木金曜休 14:00 - 18:00 (L.O.17:30) 
       19:00 - 22:00 (L.O.21:30)
所在地:世田谷区下馬3-38-2-1F
℡:03-3795-1056
e-mail : info@tocoro-cafe.com

私的定番の店 

年末に急に思い立って、つい食べに行ってしまいました。

その名も「今井食堂」。サバ煮定食が有名な定食屋さんです。

有名過ぎるくらい有名かもしれない。多分観光ガイドにも
多数掲載されている筈です。だから土日なんかはお客さん一杯。
行列ができてます。上賀茂神社のすぐ近くということもあるかな。
並びにはあの「焼き餅」で有名な「神馬堂」さんもありますしね。

ガイドブックに載ってる店は味が落ちると言われる方も多いですが、
ここ今井食堂はそんなことはないと思います。並んでも食べる価値ありの
お店だと太鼓判押せます!

Dsc09187☆横 Dsc09190☆横
Dsc09197☆ Dsc09200☆横
ホロホロに煮込んだサバがまさに絶品。ついついまた食べたくなってしまいます。
あと、意外に大根のお味噌汁が癖になる美味しさ。田舎のお母さんの味噌汁って感じ。
店内の昭和な雰囲気でむしろダイスキ。京都にはオシャレなお店がいっぱいだけど
こんなお店も絶対ありですよね?

Dsc09192☆
多少値上がりもしましたが、全く以ってリーズナブルです。
因みにサバ煮だけじゃなく、コロッケとかもあるので、
お好みでプラスαが楽しめます。

今井食堂 (いまいしょくどう)
水休 11:00-16:30
所在地:京都市北区上賀茂御薗口町
     (上賀茂神社の一の鳥居のすぐ西)
℡:075-791-6870





年越し~新年の恒例 

みなさま、2009年明けましておめでとうございます。m(_ _)m
今回の年末・新年は、京都では比較的暖かかったですね。

P-のりも例年のごとく、年越しの除夜の鐘打ちと年始の
参拝に詣でてまいりましたが、寒さが苦になりませんでした。

除夜の鐘は、近所の「印空寺」さんで毎年突かせていただいてます。
一昨年は、東山の「法然院」さんでも突かせてもらいました。
去年からは、小倉山の「二尊院」さんでも・・・。
欲張りなP-のりは、鐘突きをハシゴしてしまうのです。

DVC00255_M.jpg
二尊院の鐘楼

二尊院さんは、総門から鐘楼までの参道づたいに竹筒の灯りを
ともしてくれてあるのが、とても幻想的でgoodですよ!

どちらのお寺の鐘の音も、私好み。どちらかというと低音が響く感じ。
丁度、年が変わる時間帯に北嵯峨の田んぼの真中に立つと、
遮るものがないので、八方から鐘の音がキレイに聞こえてきます。
アレは大覚寺さんのかな?これは天竜寺さんのかな?・・・とかね。
聴き比べると、色んな種類の音がありますね。

どちらも、11時40分くらいから突き始めて、108つを超えても、
参拝者ほぼ全員に突かせていただけますし、拝観料も要りません。
印空寺さんと二尊院さんは、無料で甘酒を振る舞ってくれたりして・・・。
そういえば、法然院さんでは「Lisnのお香」を参拝記念?にいただけます。
本当に太っ腹! ありがたいことです。

夜空に響き渡る、鐘の重低音を耳だけでなく全身で感じながら、
一年を振りかえりちょっと反省したりしつつ、寒さと相俟って
この身が清められた気分になるのは、本当に気持ちいいですよ。

寒いからとか億劫だからとかで遠慮されている方も、ぜひ
来年こそはチャレンジしてみてはいかがですか?
ウチの子供たちも眠いなかムリヤリ連れ出したのですが、
鐘突きが新鮮だったようで、来年もしたい!とヤル気満々でした。(笑)

印空寺 (いんくうじ)
住所 :京都市右京区山越西町8
℡: 075-872-4625

二尊院 (にそんいん)
住所 :右京区嵯峨二尊院門前長神町27
℡: 075-861-0687


--------------------------------------------------------------------------
年越しの鐘の後は、初詣・・・。節操がないといわれそうですが、
ここ京都に居ると不思議と歳時ごとにはきちんとケジメをつけないと
あかんような気になるので、季節をちゃんと感じるためにお参りを
欠かさないんです。

P-のりが決まってお参りする神社は、「大将軍八神社」さん。

祭神は、今では素盞鳴尊(スサノオノミコト)ですが、
江戸期以前は、大将軍という方位の神様。

社の由来は、平安京創建時に桓武天皇をして京の四方に
方除け、つまり方角の守り神として建立されたらしいです。
そのうち大将軍八社は、西の方除け神なんだそうです。

方除けは、「陰陽道(おんみょうどう)」からくるもの。
未だ自然界に対して科学による理屈が存在しなかった時代、
神の声を聞くことで、自然界からの災いやまつりごとの是非などの
吉凶をうらなったという話ですよね。

確かに、例えば雷ひとつとっても、現代の我々なら静電気によって
起こるものと平賀源内さんが調べてくれはったので、安心して
いられますが、もし知らなかったら何事か???と怖がって、
神に頼りたくなるのは当然でしょうか?

大将軍八社は、とくに方角の神として、方位の吉凶を占うのが
本命らしいです。「方違え」とも言うのですが、例えば旅を始めるときとか、
家を建てたりするときなどの厄祓いもするんだそう。P-のりも5年前に
家を建てるときに祓っていただきました。
以来毎年新年には参拝しています。我が家の守り神というつもりで。

大将軍八神社を年始にお参りすると、決まっていただくのが、「大焼き」。
社の方々自らが焼いてくれはるらしく、初詣の名物になっているそうです。
DVC00256_M.jpg
大将軍八陣社の「大焼き」
「大」の一字がユーモラス

大将軍八神社 (だいしょうぐんはちじんじゃ)
住所 :上京区一条通御前西入
℡: 075-461-0694