FC2ブログ

はーばりすとくらぶ@春未だ浅き美山 

京都市内では、桜がちらほら咲き始めていた週末。
周山街道(国道162号)を北へクルマを走らせ、1時間。すでに夕刻だった。
南丹市美山町は野添という地の丘に建つ「はーばりすとくらぶ」にやってきた。
ドライブを楽しむのに時間的にちょうどよい距離であるのと、美味しいハーブティーを
いただけるのと、偉大なる田舎景色を手に入れられることで、P-のりの
お気に入りの場所になっている。

下界(京都市内)ではポカポカ陽気だったのに、たった1時間の移動で、
北国に来たような肌寒さ。クルマの外気温計は4℃を指している。

20年前に京都市内からここへ移住してきた浅野目さんが独力で建てはった
ログハウスを中心にハーブ畑が広がっていた。
DVC00359_M.jpg
ログハウス概観とハーブ畑

DVC00351_M.jpg
ログハウス内景
浅野目さんご夫婦のお話によると、今年の冬は相当の豪雪だったらしい。
このハウスの窓が雪で埋もれてしまうくらいだったと。凄すぎる!
DVC00352_M.jpg
ログハウス内景 高窓はステンドグラスに


浅野目さんの奥さまお手製のケーキとハーブティーをいただく。
DVC00350_M.jpg
この心地よさ。時間を忘れて寛ぐというのは、正にこのこのだと思う。
身体中の何もかもが弛緩されていく感じだ。

DVC00357_M.jpg
ログハウス横に高いデッキがある。ここからの眺めは・・・
DVC00356_M.jpg
こんな感じだ。誰でも気持ちを解き放てること請け合いだ。
ただ、この日は少々寒すぎた。

ハーバリスト&ナチュラリストの浅野目さんは、とっても気さくな方なのだが、
何でもかんでも手作りしてしまうスゴイおじさん(失礼!)なのだ。
じつは一方的だが勝手に尊敬している(笑)。
こちらのサイトに浅野目さんについて詳しい⇒浅野目さん紹介サイト

ホンの1時間程度だったけれど、満ち足りた時間を過ごさせてもらった。
また峠をいくつか越えて京都市内へ帰る。
峠のあちこちには積もった雪が残っていた。

はーばりすとくらぶ
℡0771-75-1192 住所:南丹市美山町野添
10:00-17:00 火曜休 1-2月冬季休業

スポンサーサイト



桜の季節 

待ちに待った桜が咲き始めた。

観たい桜は数在れど・・・ひとまず最寄の佐野藤右衛門邸の枝垂桜。

佐野藤右衛門氏は、天保年間より御室御所の植木職人として名を馳せてから
代々造園業を継承してきた植藤造園当主。円山公園のランドマークにも
なっている枝垂桜を植え、世話していることでも有名だ。


その円山公園の桜の「妹株」とも言うべき数本が佐野さんの自邸に咲き誇っていた。

お見事!…としか言いようがない、素晴らしい樹形だ。

DVC00035_M.jpg

一条通(きぬかけの道)を宇多野福王寺交差点から北嵯峨へ。その途中広沢池に
差しかかり、視界が広がる手前にある。この付近を「山越」と呼ぶ。
普段はひっそりとしているのだが、この季節だけはタクシーやらマイカーで
訪れる人達でにぎわうのだ。

DVC00016_M.jpg


植藤造園の桜にまつわるブログがある。こちら


週が明けて、あちこちで急に開花しはじめた。
寒気の影響で北風が吹き、気温は下がり、花冷えの様相なのに。

DVC00043_M.jpg
円山公園の佐野さんの枝垂桜を観に行った。
園内は夜店が立ち並び、あちこちで宴がもよおされていたが、
スゴク寒かったので、早々に立ち去った。


ねねの道のソメイヨシノ。三分咲き。
DVC00045_M.jpg


昨夜の木屋町通。八部咲きくらい。
ライトアップが美しい。思わず立ち尽くす。
DVC00051_M.jpg

DVC00055_M.jpg

DVC00057_M.jpg
愛車のボンネットに写り込む、花影。
何て、美しいのだろう?

さて、今週末まで花はもつだろうか?