FC2ブログ

修二会(お水取り)を拝観しに奈良へ 

奈良は東大寺の春先の宗教行事として有名な「修二会」の「お松明」を見てきた。

東大寺二月堂の修二会は、1300年以上前から一度も途絶えることなく
続けられて来た法要で、正しくは「十一面悔過(じゅういちめんけか)」と言い、
練行衆(修行僧)が人々に代わって「天下泰平」「五穀豊穣」「万民快楽」を祈り
懺悔の行を勤めるものだそう。

修二会は練行衆が二月堂の舞台の上を「お松明」の火の粉を散らしながら走る
本行が一般に公開されているのが有名で、私もこれを毎年楽しみに観に来ている。
ちなみに本行はもとは旧暦の2月1日から行われていたので、2月に修する法会と
言う意味で「修二会」と呼ばれ、これが実施されるお堂が「二月堂」と呼ばれるらしい。

「二月堂」
Dsc06355.jpg

毎年3月1日から3月14日の2週間にわたり数分間隔で10本のお松明を運ぶが、
3月12日だけは11本で「特大のお松明」が出たり、若狭井という井戸から
観音様にお供えする「お香水(おこうずい)」を汲む儀式もあったりするそう。
(この12日の儀式から修二会を別名「お水取り」と呼ぶとか)
また3月14日は10本のお松明を一度に並べるらしいが、P-のりは観た事がない。

7時になると境内の灯りが消され、間もなく二月堂の北側の階段をお松明が
上がってくると、群集の歓声があがる。2月堂は実際かなり高い傾斜地に
建てられているので、直径約10㌢以上で長さ5㍍はあろう青竹の柄とその先に
くくり付けられる松の枝の重量を担いで上がるのは、相当にキツイ作業だろう。

「お松明」
DVC00327_M.jpg

やがてお松明が西を向いてそびえ建つ二月堂舞台の北の角に登場すると
一際大きな歓声となる。そしてお松明を舞台の欄干を支点にして夜空に突き出す。
火の粉が舞う。また大きな歓声が上がる。
そして、ややするとお松明を担いだまま練行衆が舞台を北から南へ(向かって左から右へ)
イッキに走る走る走る!!!(この瞬間が↑写真)
舞い散る火の粉や炎!!!圧巻である!悲鳴にも似た歓声が境内を取り巻く。

この一連の作業を10回。荒々しい火の祭典。火事にならんのかな?と心配。
火を扱う宗教行事は多々あれど、迫力という視点で修二会のお松明は格別である。

ところでところで・・・。お松明の燃え残りの松の枝を頂いて帰り、
枕の下に入れて寝ると無病息災にあやかれるらしい?・・・。

お松明が終わると、練行衆は二月堂の堂内に篭って未明まで一晩中読経を
唱える。ただ、このシーンは一般には公開されない。

話は変わるが、修二会の本行、お松明の2週間がクローズアップされるが、
本行に先立ち2月より別火と呼ばれる前行が行われるので、これなどを
含めると1ヶ月にわたる大きな法要であるという。このような点や1300年
続けられているというところが、「祇園祭」と似ているなぁとふと思った。

昔から修二会が終わると奈良では春が訪れると言われる。
実際、P-のりが修二会を観たのは3月9日(日)だったが、その前の週までは
京都でも雪が舞う寒い日が続いていたのに、翌週は劇的に暖かい春らしい日が
始まった。やはり先人達の言うことは正しい!

修二会のお松明を観に行こうと思われる方へ・・・
お松明は夜7時からだが、週末では7時直前に行っても二月堂には近づけないほど
人込みが激しいので、少なくとも1時間前には行くことをお奨めします。
また、二月堂付近は標高が高く、西からの風をもろに受けるので、
昼間暖かくても、陽がおちると急激に寒くなります。十分な防寒を。
二月堂の近くは、相当火の粉が灰になって降るので、汚れても構わない
服装がベターです。(火の粉を浴びると、やはり無病息災にあやかれるとか?)

お松明を待つ間、二月堂下から大仏殿越しに
奈良盆地に沈む夕陽を眺めた
Dsc06358.jpg

スポンサーサイト



kafe工船 

P-のりがネットでもリアルワールドでもお世話になっている
京都ネイティヴで、京都通の「ぽんさん」が先日行って来られて
ご自身のブログで賞賛されていた「Kafe工船」にやっと行けた(嬉!)。
ぽんさん好みは、P-のりも大いに共感するものばかりであって
外れたためしがないのだ。

河原町通の東側を今出川通から南に下がる。有名なカフェ「みつばち」や
「セカンドハウス」を横目に見つつなおも南下すると、1Fにガレージを持つ
白い雑居ビルに行き当たる。ガレージの奥には「Studio37」の文字が…
その2F。ヴォイスギャラリーや何か劇団の集会所のある扉を何枚か
やり過ごすと木製の扉が現われる。そこが「kafe工船」だ。

「オオヤコーヒ」という美山が本拠で、京都の名だたるカフェ・喫茶に豆を
卸している(だけではなく、それらの珈琲サーブのアドバイスもしている?)
そんな店の関係者の方が、自ら珈琲をいれてくれるという願ってもない
貴重な存在のカフェ。となれば、期待しないはずがない。

木製の扉がガラガラと音を立てれば、まず眼に飛び込むのが、
河原町通を臨む明るい窓際に、趣のある木のカウンター。
ここで美味しい珈琲がいただけるようだ。

DVC00201_M.jpg

カウンターに座ると、世界地図が描かれたメニューを渡される。
つまり、どこの国の豆をチョイスするかから始まるのだ。
続いて、酸味の強い味か、苦味が強い味かを聞かれる。
最後に濃さを選ぶ。P-のりはカフェ好きのくせに珈琲のことは
哀しいほど勉強不足だ。克服しなければと常々考えているが…(笑)。

で、少々面喰ってしまった。
しかし、こんな珈琲の選び方は嬉しいし、満足感がある。


珈琲を待つ間にキョロキョロと見まわす。アイボリーの壁と
カウンターや調度のナチュラルな木の風合いの調和が素晴らしい。
カウンター上に雑然と並べられた器や道具も気取らず自然な趣で
落ち着ける。そんな風にまったりとしているところに挽き立ての
珈琲の香りが立ちこめて、うっとりとした気分になれるのだ。
素晴らしいカフェにまた出逢ってしまった。

DVC00207_M.jpg

<↓カフェの奥は自転車工房になっている>
DVC00205_M.jpg

先のぽんさんのサイトで、度々ステキなコメントを残していかれる
「windさん」が、ここkafe工船に来られた際、店主の方よりうかがった
話が興味深い。それは、「珈琲豆の状態でその産地の国の
国情まで思いを馳せてしまう」という話。何というロマンチックな
話だろうか!?そんなエピソードに弱いP-のりである!(笑)

結局そんな話は聞けないまま、いよいよ珈琲をいただけることに。

DVC00202_M.jpg

P-のりは、確かエチオピアの渋めの薄いのをチョイスしたが、
なかなかシャキッとした風味で、飲みやすく、とにかく美味しく
いただけた。ポットで出されるので、2~3杯目もいただけるのである。

珈琲を飲みながら、とっても寛いでいるのだが、
店主の方のコーヒーをサーブするまでの一連の所作が
無駄がなく清清しいため、何故か自然と背筋が伸びて
引き締まった気持ちで一杯ををいただけるような気がした。
それは茶の湯の精神に相通ずるものかも知れないとさえ思えた。
つまり、侘茶ならぬ侘珈琲?

やはり、ぽんさんのチョイスはP-のりの趣味に合う。
その確信がまた強くなったひとときだった。

DVC00209_M.jpg

DVC00211_M.jpg

店を出て、ビルの古い赤い階段を降りて河原町通に出ていく。
街はいつも通りざわめいていた。また日常に戻ってきてしまった。
でもまたいつか「侘珈琲?」を求めにここに来ればいい。
その存在がP-のりの毎日を満たしてくれそうな、
そんなカフェに巡り会えた。


KAFE 工船
075-211-5398
京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448 清和テナントハウス2F G号室
月火休 12:00~20:00

梅香る天神さん 

DVC00121_M.jpg

2月25日は、菅公こと菅原道真の命日(旧暦で)である。
この時期は官公がこよなく愛したとされる梅の盛りの時期でもあるためか、
北野天満宮では「梅花祭」と呼び、一大イベントを催す。

当日は沢山の人出になるため、人混み苦手な私は、その前日に
お馴染みの「天神さん」の境内に忍び込んでみた。

天神さんの境内は、へたな梅林よりも沢山の梅の木が並ぶ。
あいにくこの日(2月24日)は、まだ二部咲き程度たったが、
それでも、そこはかとない梅花の香が漂い、なんとも心地よい。

中でも「蝋梅」の香は際立っている。本殿西側に植えられている蝋梅の
香に誘われてパチリ!
DVC00119_M.jpg

蝋梅の香、例えるならジャスミンに似ているが、どうだろう?
その香は、一度試すといつまでも記憶に残る。
平安貴族が梅枝を着物の袂に忍ばせ、その移り香から御簾越しに
誰れであるかを想像したと聞くが、蝋梅の香ならきっと印象に残ったはず。
花弁の色はクリームイエローで、リンドウの様に下向きに咲く。
蝋梅は幾分開花時期が早いのか、他の種が蕾ばかりなのに
すでに盛りを過ぎているように見えた。


DVC00113_M.jpg

歌「東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 主なしとて 春な忘れそ」は
菅公が藤原時平の謀略により大宰府に左遷されることになり、
その旅立ちに際し詠んだとされるが、本当のところは定かではないという。
確かに賢い菅公が詠んだにしてはあまりにも状況的にベタ過ぎる歌と
思えなくもない。ただ、現代においても同様のシチュエーションを経験したとき
(かつて私にもあった…泣)この歌を思い起こすと、往時の菅公の
心情が解るような気がして、涙をさそう。

もうすぐ春だ。
春は旅立ちの季節だが、その旅立ちが不本意なものたるときもあろう。
そうであったとしても、後に振り返ったとき、結果的に良かったと
思えるようになることを祈ろう。

ちなみに、菅公が「東風吹かば・・・」を詠んだのは天神さんではない、念の為。
学者さんによると、下京区仏光寺通新町西入ルにある「北菅大臣社」付近にあった
かつての菅公の屋敷「紅梅殿」で詠んだとされる。
紅梅殿址は、こちらが詳しいので、ご覧あれ。