FC2ブログ

千両ヶ辻って知ったはる? 

DVC00241_M.jpg
西陣の真中、大宮今出川あたりのことを「千両ヶ辻」と呼ぶらしい。
以前、上京の知人がそのことをこと細やかに語ってくれた記憶がある。

…が、そのときは話半分に聞いてしまい、多くを忘れてしまったが、
要は西陣の最盛期つまり織物業の盛んな頃は、毎日千両に値する
商いが行われていたという事実に由来する異名らしい。
さぞかし華やかな時代だったのだろう。

西陣とくに界隈に生まれ育った方たちの言わば「血」とか「DNA」によって
誇り高き「伝統」を後世に伝え、それとともに西陣の「今」を発信していこうと
する心意気を生み、その声が結集するカタチで毎年初秋の9月下旬に
「伝統文化祭・西陣千両ヶ辻」を開催していくことになったらしい。
以来、この9月23日(秋分の日)が6回目とのこと。

西陣のことをもっと知りたい症候群に冒されているPーのりは、一目散に
チャリンコで出かけていったのだった。 
ただ、いささかレポートは遅くなってしまっているのは、大変ごめんなさい。

DVC00224_M_20081101221118.jpg
で、いきなり今出川通を封鎖して通りの真中で
神輿が若衆に担ぎ上げられ回転するのを目撃。

同日に行われる「晴明神社」の「神幸祭(晴明祭)」の
神輿だった。氏子町内を練り歩き、いくつかの御旅所を
回っていく。フォトはないが、稚児の鼓笛隊や平安衣装?を
まとった稚児の列もこの界隈を巡って歩いていたのが、
可愛らしかった。


千両ヶ辻の文化祭は…
①町内の重要文化財級の町屋などの公開
②老舗のこれまた重要文化財級の宝物・コレクションの展示
③染織作品や染織機械・道具などの展示公開・販売
④喫茶店などの出店 ・・・などだ。

P-のりは、とくに①が気になるので、
早速各町屋をそぞろに見学させていただいた。
DVC00225_M.jpg
「大宮庵」の町屋坪庭
町屋そのものもすばらしかったが、
この庭がすごく気になった。

DVC00235_M.jpg
高名な写真家「水野克比古」氏の自邸
通りに面した坪庭と座敷越しに中庭
とても丹精込めて維持されていることが
よく分かる、素晴らしい垂涎の眺めだった。

DVC00245_M.jpg
その水野氏が運営する「町屋写真館」の
通り庭のヒトコマ。普段の見学は要予約。
だが、文化祭のときは終日オープン。
実は、千両ヶ辻文化祭のことは、
水野さんからお聞きして知ったのであった。

町屋写真館内は、水野氏の作品が
多数展示されていて、圧巻なのだが、
フォト撮影は差し控えた。

DVC00238_M_20081101221645.jpg
木村卯兵衛氏の展示
洞爺湖サミットで福田首相の奥さまが
各国のファーストレディに贈られた帯と
同じ品が展示してあった。…ということは、
サミットでの贈答品も木村家製造なのか?

DVC00242_M.jpg
DVC00243_M.jpg

↓とある町屋にあった郵便・新聞受。
降り積もった時の厚みを感じさせる。
DVC00240_M.jpg

「伝統文化祭 西陣千両ヶ辻」
・・・についての詳細はこちら

「記録映像」に、you tubeによる一昨年の文化祭の様子が見られますよ!

スポンサーサイト



パンの日 

気がつけば9月も終わり。
書きたいことは、実は山ほどあったのですが、
1ヶ月近くもほったらかしにしてました。
あかんあかん。

すでに、1ヶ月前のお話ですが、北山大宮の
NEJIという「時計(アクセサリー?)の工房で
行われていたイベントをちょっとだけご紹介。

NEJIの入居してはる北山通大宮西の古民家は、
以前は「Romantica」というcafeがあって、それこそ
しょっちゅう通っていた場所。
残念ながらRomanticaは、数年前に閉店になってしまい、
でも、オーナーが「いつかまた店を出す」と言うてはったので、
ずーーーっと期待して、前を通る度に眺めていたのです。

ところが先日、久しぶりに北山通を通りかかったら、
どうやら何やらお店らしき様相になっていたので、
おそるおそる覗きこんだら、そこは腕時計+アクセサリの
ショップ兼工房だったのです。看板など(敢えて?)出して
はらへんので、気づかない人ばかりだとか?

それで、NEJIのオーナーと立話していたら、
8/31に「パンの日」というイベントを開催するという。
何やら面白そうなので、行ってみようと心に決めたのです。


北山通から見える「NEJI」
DVC00154_M.jpg
ヒサシから下がるのは「トケイソウ」というのだそう。
花が時計みたいに見えるから?


8/31イベント当日のNEJI
DVC00155_M.jpg


…とは言うものの、イベント当日訪れたのは、終了間際!
すでにあらかたのパンは売りきれてしまっていて…
(イベントは10:30~14:30でした)
DVC00153_M.jpg

でも、持参したマイカップにコーヒーを注いでもらい、
しばし、寛ぐことができました。
DVC00157_M.jpg

この「パンの日」イベントの主催は、
紫野上門前町で設計事務所兼自宅の一室で
料理教室を開催してはる「料理教室森田」の
森田久美さん。その生徒さんが作らはった
パンやジャムを展示販売していたのだ。
パンの日イベント専用のブログはこちら


パンの日イベントの模様は、料理教室森田さんの
ブログから詳細がわかります。
ブログ(8月31日の日記をご覧下さい)

嬉しい戦利品♪
DVC00168_M.jpg
とっても美味しかったパン
DVC00169_M.jpg
魅力的な無花果と梅酒のジャム

今回は2回目のイベントだったそうな。
何と3回目もすでに決定しているとのこと。
10月26日(日)だそうです。
詳しくは、↑のパンの日専用ブログにアップするとのこと。
要チェーック!ですね。


料理教室森田さんのHPはこちらから
料理教室森田さんのブログトップはこちらから


五条坂の陶器まつり 

六道まいりのついでに蒸し暑いさなか五条坂へ足を伸ばした。
と言っても、ホンの目と鼻先の距離だ。今年初めて行ったが、
今まで行かなかったのが不思議なくらい。

まるで、六道まいりに合わせてるかのように、8/7~8/10の4日間
五条川端から東山通辺りまでの歩道に「うつわ屋さん」が500!も出店する。

080807_212929.jpg
080807_213400.jpg
080807_215504.jpg
こんな感じで、色~んな陶器が所狭しと並べられている。

P-のりは、常々気の効いた「豆皿」が欲しいと考えていたので、
掘り出しモノはないかと、それこそ目を皿のようにして探し回った。

言わく、市価よりもかなり安い値と聞いていたが、
う~ん、なかなかどうして・・・(^ ^;;;

元来、清水焼の地に近いことも手伝って、五条坂には陶器を扱う店が
多数店舗を並べており、そんな店は日々の商いの延長で大量陳列を
していたりするが、この日は店舗を持たない若い陶芸作家さんが
出店していたりとか、殆ど趣味にに近いような1点モノばかりを並べて
いたりとかで、様々なジャンルの陶器・うつわが見られて興味津々だった。

そんな中で、ひときわP-のりの心を奪ってしまったのが、これだ↓
080807_213746.jpg
ほほー!ポン!(手を打つ音)
思わず、得意の「衝動買い」に走ってしまった。(^ ^;;;
季節モノやしな~。痛いトコロを突いてくるなぁ。
ミーハーのP-のりには目の毒でした。


あらあら、豆皿を買うんやなかったんか?>自分


五山の配列を意識して並べてみましたよ。(^o^)/
080808_202251.jpg

ルノワール+ルノワール 

5/20から7/21まで、岡崎の京都国立近代美術館で
ルノワール親子の日本特別展を開催している。
開催場所は、東京は渋谷文化村と、ここの2会場のみ。
大雨の中、地下鉄に乗って行ってきた。

080629_135215.jpg


Dsc08540_20080702001743.jpg


今回は、画家オーギュスト・ルノワール(父)と
映画監督ジャン・ルノワール(息子)の共演?だが、
むしろ彼らは二人とも故人なので、共演と言われても戸惑うかな?

P-のりは、映画監督のジャンは、あまりよく知らないので、
オーギュストの絵画観賞が中心になることを想定していた。

絵画に関しては、まるで疎いが、印象派は昔から好きだった。
とりわけルノワールのカラーセンスとタッチが大好き。

生まれてこの方、あらゆるメディアで何度となく映像を見てきた
オーギュスト・ルノワールの有名な作品を、初めて直接肉眼で
見られたことは、極めて貴重な体験だった。感動以外の何物でもない。

オーギュスト・ルノワールの代表作は、こちらをご覧あれ。

ただ、この↑のサイトに出ている作品がすべて展示されていた
わけではないので、あしからず。ただ、サイトに表示されている
作品の中で、今回の展覧会にも出品されていた代表作は・・・

陽光の中の裸婦(オルセー美術館出展)、
ぶらんこ(  〃  )
田舎のダンス(  〃  )

有名な、「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレの舞踏場」や
「舟遊びをする人々の昼食」は、残念ながら展示していなかった。

パリのオルセー美術館の出展が中心だが、
個人蔵などの作品も多数出店されていた。

なかでも、パリの劇場「コメディ・フランセーズ」所蔵の
「ジャンヌ・サマリーの肖像」がステキだった。
実在の女優で、彼女の生き生きとした表情に
P-のりの心は捕らえられてしまった。

オーギュストは、その活動拠点を、パリのモンマルトル⇒
パリ南東部の町、「エソワ」(現在末裔が住むという)⇒
晩年にリュウマチのリハビリのため住みついた地中海の村「カーニュ」
…と転々としたが、それぞれ生活の在り様がよく分かるような
作品を残してきている。

ジャン・ルノワールに関しては、正直まるで期待していなかった(失礼!)が、
彼の映画のいくつかのシーンは、父親の作品のオマージュとして
撮影されているとされている。
例えば、
「陽光の中の裸婦」のオマージュとして⇒ジャンの映画「草の上の昼食」や
「ぶらんこ」が⇒映画「ピクニック」、
「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレ」が⇒映画「フレンチカンカン」。

やはり、父は偉大なる存在だったのか?
でも、ジャンの映画に相当興味を持つことができた。
帰ったら、DVDを借りに行こうかな?

ルノワール+ルノワール展の詳細はこちら

輸入車ショウ 

ferrari 512BB

ご縁があって、輸入車ショウのチケットを頂いたので、
岡崎の「みやこめっせ」に行ってきた。

目当ては、プチクラシックないわゆる「スーパーカー」。
P-のりが、今の我が子ぐらいのときに、
(周りの男子のほとんどがそうだったように)
それこそ昼も夜も気になって仕方なかったものだった。
↑は、その中でも、王様級のクルマ。

20年以上ぶりの再会に、心が踊ってしまった(笑)。
きっと、少年の瞳になっていたはず。

現代みたいにエコだとかハイブリッドだとかが
叫ばれていない時代。スポーツカーメーカーは
純粋にカッコよさと速さを追い求めてた時代。
何故か懐かしさとともにせつなさを感じつつ…
しばらくの間眺めてしまった。


citroen c6

↑今のP-のりの憧れ。
スポーツカーではない。むしろゆったり走るクルマ。


new fiat 500

ルパン三世が「カリオストロの城」で乗っていたクルマの
現代版リメイク車。車名はFIAT500で、500は伊語で
チンケチェントと呼ぶ。
ルパンが乗っていた500は、昔はミラノやトリノの街などを
普通に走っていた。
ちっちゃなちっちゃな車体で極めて実用車なのに
(日本の軽自動車規格より小さい)
しっかりデザインされていて、サスガ伊太利亜モノ。
昔、トリノでのFIAT500との生活をエッセイにした本
読んで、500が欲しいなと思った時期があったけ。
リメイクモデルは、どうなのかな?本国ではすでに
バックオーダーでいっぱいらしいけど。