FC2ブログ

入江泰吉さんと奈良大和路の写真 

「入江泰吉」さんという写真家をご存知だろうか?
奈良に生まれ、奈良大和路の風景や社寺をモチーフとした写真を
数多く遺している方である。明治生まれで、平成4年まで取り続けて
こられたその遺作が多数展示してあるのが、奈良市写真美術館である。

知らずに彼の作品を目撃した方も多いのではないだろうか?
有名な作品は、薬師寺の、再建される以前の西塔の「礎石」(心柱の土台)に
できた水たまり越しの東塔の映像や、ため池越しの薬師寺の堂宇の風景など…。

ちなみに、後者の写真をP-のりが真似て写してみたら・・・
DVC00102_M.jpg
…となった。こんな映像ご覧になったことはありませんか?
携帯カメラで撮っているので、入江氏の写真とは程遠いが(苦笑)。
こんなアングルを最初に撮影したのが、入江氏なのだそうだ。

彼の大和路の風景や社寺の写真の多くはモノクロームなのだが、
撮影された時代のお蔭もあって、非常にノスタルジーを醸し出しており
P-のりの心を鷲掴みにして離さないのだった。
今回やっと数年来の念願叶って、この写真館を訪れることができた。

奈良市写真美術館は、奈良市の東山麓、奈良町の東、春日大社の南西に
「高畑」という古くて静かな街並みに溶け込むようにして存在する。
近くには志賀直哉旧邸や奈良教育大などがあり、国宝の十二神将で有名な
「新薬師寺」も隣地にある。

080427_135844.jpg
奈良市写真美術館エントランス風景

080427_140531.jpg
中庭風景

何でも、故黒川紀章氏が図面を引かれた建物らしい。

さて、お目当ての作品の数々はお見せできないのが残念なのだが、
こちらのサイトで入江氏の作品の一部を見られます)
全ての作品にP-のりは非常に圧倒された。やはり来てよかった。
しかも、初めて見た映像なのに、何故にこれほどまでに懐かしさを覚えるのか???
たとえ同じ展示でもいいから、再び何度でも観賞しに行きたくなる位。

奈良大和路の風景が好き、あるいは子供の頃に見た(?)
心象風景に浸りたいという方は、ぜひ訪れたし。

入江泰吉記念奈良市写真美術館
オフィシャルサイトはこちら
〒630-8301 奈良市高畑町600-1 TEL 0742-22-9811


おまけ…
帰りに立ち寄った平城宮。あそこの広い野原が大好きだ。

復元再建された朱雀門。
080427_132614.jpg

門の向こうに見えるのが、2010年の遷都1300年に向けて
復元中の大極殿。おっきなおっきな建物です。


そして、お昼に使った「ル・パルロワ・カフェ」
近郊で採れたオーガニック食材を使った料理が楽しめる。
店舗は、オーナー自宅を改装したもの。手作り感覚の内装が好み。
スゴク落ち着ける。
080427_130023.jpg
薬師寺の駐車場近く。

080427_122829.jpg
グラタンのランチがとても美味しかった。

DVC00271_M.jpg
カフェの窓から見える薬師寺の堂宇。
目の前を流れるは、春の小川♪ 秋篠川。
やっぱりどこか懐かしい風景だった。

Le Parloir Cafe(ル・パルロワ・カフェ)
Open : 10:00~18:00(土日祝~19:00)
Close: 毎週火曜日 第3水曜日
住所 :奈良市六条町106-6
TEL/FAX:0742-33-5336
県道9号線西ノ京病院前交差点「→薬師寺駐車場」西へ50M

詳しくは、こちらのお店のHPへ。カッコイイ店内風景も見られます。

スポンサーサイト